投稿

冬来たりなば

イメージ
こんにちは。気圧がヤバイですね。みなさん元気ですか? 私は新潟育ちなんですけどこういう天気の日は「新潟県みたいな天気だなあ」と思います。冬の東京に来た時は「冬でも毎日晴れてるなんて!同じ日本なのに!」と感動したものです。東京でもこんなに寒いなんて詐欺だよ〜と思ったりもしますが雪が降らないおかげで冬の電気代が4万とかにならずに済んでるので脱北してよかったです。 ここ数日の日記です。 突発的に横浜に行きました。はじめて車で横浜に行ったけど意外と徒歩でしか行けない場所多いな!?と思った(普通の感想) えびのピザ 肉 ピスタチオのカタラーナ ガンダムファクトリー(周辺の夜景)見ながらクリスマスご飯食べた。ピスタチオのカタラーナ美味すぎる ちょいちょいレトロな建物がありかわいい 昨日はネズチンさんとIKEAに行って本屋に行って夜ご飯を食べました。 プロントが夜やってる喫茶風の酒場?行ってみたかったので行った。ご飯メニューが美味しくてよかったです!!!写真はとうもろこしの天ぷらですが、ほぼ素揚げでは?てくらい衣が薄くて美味しかった ナポリタン、だし巻き卵、茄子の煮浸し ミルクセーキ!! 帰ってからIKEAで買ったティーライトキャンドルを灯して遊びました。 これ 可愛い…。アロマキャンドルは前から手を出してみたかったので安価で試せてよかった〜。わたしは甘い香り大好きなのでバニラとワッフルコーンの香りにしましたが、一個がちいちゃいのであんまり香りは広がらなかった。大きいやつにしてもよかったな。しかし今は暖房の風があるのでこわくてあまり火を離れられない。ろうそくがあるだけで「冬!!」という感じがしていい…。明るい場所が苦手なので(陰キャ吸血鬼)普段も調光式の照明を暖灯にしてギリギリまで暗くしてるんですが、間接照明+蝋燭にしてもいいかも。吸血鬼化の加速 - すっごい今更なんですけどキリンジのインディーズアルバム2in1が2週間くらい前にサブスク解禁されてたのを知ったのでずっと聴いています。アルバム曲では特に水とテクノクラートと休日ダイヤが好きです。これから初めて聴ける方が羨ましいくらいの名曲なので聴いた方が良いです! 風を撃てと野良の虹も当然に好きなのですがこのバージョンだとちょっとベースが強い感じでまた印象変わって好きですね〜・・・ 野良の虹の「流星のイレズミをまぶたに刻め」という歌

下北沢回遊録

イメージ
今日は休みだったので色々しました。 まず美容院に行った! 学生時代から4〜5年くらい?ずっとモデルやってたスタイリストさんがいたんですが、この前退職しちゃってどうしようかなーってぼーっとしてたらだいぶ経ってしまい、さすがに人前に出る仕事なので重い腰を上げて新しい美容院をさがした。環境を変えるの苦手なんですよね・・・特に美容院とかだと仕事とか趣味とか出身地とかの「基礎ステータス」の情報が一切ない状態からコミュニケーション取るのがめんどくさすぎて(社会性”無”すぎ) 美容院で苦手なのは忙しないお店なので、どうせならレコードとか聴きながらゆっくりできるお店ないんかなーそんな私に都合のいい店ないかーって思って調べたらあった、下北沢に 下北沢は最高 ”無”の会話をするのがひたすらいやなので音楽の話さえしてればいいのめちゃくちゃよかった〜。色々教えてくれました。「機材が同じでもケーブルをここのにするだけですごい音が良くなったんですよ。サイトにはまあ物凄くいろんな悪口が書いてあるんですけど・・・でも本当に物はいいんで!!  https://procable.jp 」って言われてみてみたら本当に物凄い量の悪口(ハイレゾとかの)書いてあって爆笑した ケーブルも本当は短いのが一番いいらしくてほえ〜一応伝達速度とか関係あるんだなあって思ったら「いや・・・でも耳で聴いてわかるレベルではないっす!」って言われてわろた オーディオは金がいくらあっても足りないから絶対に深入りしないようにしているのですが音楽畑の人は優しいから「こっちに来ちゃダメですよ!」って言った上で安くていいものを教えてくれます。 DJブースがあるのでカラー待ちの間にDJもやってくれてわ〜いだった あと出してくれるお茶がちゃんと陶器のカップとソーサーでー!お菓子がロイズのクッキーで!もうほぼカフェやーん!と思ってめっちゃ幸せでした 下北沢は東京の中でも好きな街なので元々割と行くんですが、レコードにハマってから更に好きになった。レコード屋さんは大体分かりにくくて意味不明な場所にあるのでレコード屋さんを探してると他の知らないお店にも辿り着けるんですよね。 下北沢・神保町・高円寺は特に用事がなくても行きたい好きな街3TOPです。 お昼どこで食べようかなーと思ってウロウロしてたら前から気になってたお洒落なカフェの前にいたので入った。内

最近の脳の中身

イメージ
気力がなくて何も生産できないのでただ好きなものの話をして気持ちよくなろうのコーナーです。※いつものことなんですけど一つも令和の話をしていません これおもしろかったです。 ちゆ先生の有料マガジンわたしは購読してるけど、この記事は70〜80年代の漫画の流行りも知れるし筒井康隆先生が褒める漫画は絶対面白いだろうし、荒木飛呂彦先生や北条司先生みたいな後に有名になった作家もいれば無名だけどアイデアがめっちゃ優れてる作品もあったりして、歴史的資料としてめちゃめちゃ面白いのでこの説明で面白そうと思う人だったら単記事買って読んでもいいと思います。ジャンプで芽が出なかった人が他誌で成功するのはよくあるけど手塚賞取った人で漫画家にすらその後ならない人もよくいるよね。70年代後半〜80年代頭にいかにSFが飽和レベルで流行ってたかとかわかって面白い。この前も松井優征先生に藤本タツキコピー多すぎ問題が指摘されてましたけど、10年前はタイバニが流行ってたからマジで世に出る新人の読切がヒーローものばっかで辟易してたの思い出しておもろかった。 人を選ぶ内容なので貼りませんがちゆ先生の最近の記事ではりょなけっとの話も面白かったです。リョナ系のひとは自分が死ぬ可能性について普段からすごく考えてるという話がなるほどな〜ってなった。  最近聴いてる曲 ・Marquee Moon / Television 元々好きなんですけど最近なんとなくFSS読んでる時に聴いてることが多くて(SF的な気持ちに寄り添いやすいのかも)あらためてめっちゃ好きだな〜!!!!となっています。テレヴィジョンはニューヨークパンクの萌芽的バンドですが、パンク的な聴きやすいメロディに対してトム・ヴァーレインの歌詞がとても文学的で難解なところとギタープレイが好きです。パティスミスと一緒に詩集とか出してるんですね。ちょっと気になる この機会にAdventureとかも聴いてみたけど、平均的にクオリティ高いんだけどあまりにもMarquee Moonが優れ過ぎているので評価がパッとしないのも仕方ないんだろうなあ…と思う。 FSS読んでる時に聴くのは他にツェッペリンの天国への階段とか、ピンクフロイドとかがしっくりくる気がしてよく聴いています。 ・Dr. feelgood ウィルコが亡くなってしまいましたね。何度か危ない感じではあったけど

町田最高

イメージ
こんにちは。昨日の日記です!  昨日はコミティアでしたね。本当は行きたかったんだけど平日の疲れが取れず全然起きられず…人混みに行ける体力じゃなかったので諦めました。欲しい本たくさんあったな〜。この思いは2月で晴らさせていただく!ていうか次は友達がみんなサークル参加するから売り子誰に頼めば良いんだろうって気付いた。売り子してくれる人募集します(ここでリクルートすな) 午後はネズチンさんと買い物に行きました!人混みに行きたくない体力の日に買い物をするのにうってつけの街、町田へ…。 最近はフォロワーのお洋服選びを手伝わせてもらうことがままあるのですが、町田はとにかく買い物しやすい。商業施設が駅周辺に全部纏まってるし、新宿だったら人が多すぎて入ることすら憚られるブランドでも町田だったらゆっくり見れる。まあ神奈川在住の人しか誘えませんが… 教えてもらったジャズ喫茶がまあ素晴らしかった。めちゃくちゃデカいスピーカーあるし!(重要)本もあるしケーキ手作りだし飲み物がめっちゃやすい。好きな喫茶店が増えるとうれし〜。 カボチャのチーズケーキ お互いのコミティアの漫画のストーリーを説明し合いました。これができる友達は本当に貴重だ、、 人のを聞くのも面白いし、自分で口に出して説明するとそれまで全く見えていなかった輪郭が少し見えて、同時に「この要素なしで今までやろうとしてたのか!」っていうことに気づいて愕然としたり。パズルは全然完成しないけどピースの色分けくらいまでができる感じ、、?一人で話を考えてる時は10000ピースのパズルの前で座ってる感じなので…。そんな複雑な話を考えてるわけじゃないのに全然整理できないの情けないけど創作初心者なのでしばらくは色々模索して頑張ってみます。私はなぜかネズチンさんに境界のRINNEを勧めてた。十文字翼は最高 ネズチンさんに年賀状をもらいました!!しまうまプリントが一晩でやってくれたそうです(古代構文禁止) 可愛いし!印刷めっちゃ綺麗でびっくりした。値段聞いて高級年賀状すぎて笑いましたが…。菊池風磨…ハイブランド印刷屋の男だな… - フォロワーのお洋服選びを何回かやらせてもらって思うのは、「この人にはこういう服が似合う!」というのはある程度人を見ただけでわかるんだけど、それにバチッとはまるブランドを見つけられると本当に気持ちいい!やっぱ形・サイズ・色・素材

FSS読んでる③(トラフィック〜アトロポス編)

イメージ
こんにちは!今日のFSS覚え書きは3〜4話(リブート3〜5巻)です。アトロポス編の終わりまでいきます。 ほんとうは1話につき1記事で感想書きたかったんですけど2話が思ったより時間かかってしまったので3巻と4巻一気に読んだらいやこれ5巻まで読まないと無理じゃんとなり、思いがけず膨大なボリュームになってしまいました。これを書くためにさらに2話から読み返し・・・偶然入手したデザインズに目を通し・・・とかやってたらマジで時間かかってしまった。 前回までのやつを思った以上に読んでもらえててビビりました。ありがとうございます!!今回さらにオタクの妄言色強くなってくるかと思われるのでご承知おきください・・・ 3話以降おそらくFSSの今の形が固まったんじゃないかな?って感じで明らかに2話までと雰囲気変わる。まずロボット漫画だったのにドラゴンとかいることが判明するし(クロスアンジュ以外でもそんなことあるんだ)話が更に時系列入り乱れてややこしくなるし、そして何より ダグラス・カイエン いやもうダグラスカイエンお前〜〜!!!! 2話の記事を読んでくださった方はご存知だと思うのですが最後のほう「そのうち永野先生のセックス描写が見たいな〜まあまだ先だろうけど(ぽわわ〜ん)」みたいな呑気な事言ってたんですけどまさかこうなるとは 前回の記事読んでくださった方はさぞ楽しかったと思われます ともあれカイエンが出てきてからFSSの世界にかなり味が増して遊びがきいた感じがしますね。わたしの見たかった性の匂わせ描写も思ったより早く見れましたね。ていうか何も言われなければ何も思わなかったのに永野先生が「アトロポスはこいつに処女をあげたんかな」とか言うから・・・後ほどまた触れます! 2話まである種ハイファンタジーであったFSSの世界に「これは(永野先生が構築した高度の)現実なんやで」という奥行きをもたらしてくれたのも3話以降という感じがします。性描写もそうですが麻薬がめちゃくちゃ出てくる。ていうか万物に詳しい永野先生が違法薬物にまで詳しすぎて笑っちゃったんですが、これはわたしもそうなんですけど洋楽が好きな人間は違法薬物に詳しくなるんです!!! カルチャーはドラッグと共に広がるから・・・この曲はこの薬きめて作った曲だよな〜とか知ると別に興味なくても否応無しに知識を得ることになるんですよね ただこのサイトの名前は

日記色々

イメージ
こんにちは。ちょっと間が空いてしまいました。 毎日何かしらやってるのですがTwitter見ると1日数ツイートしかしてなくてびびる。 ここ最近の日記を書くよ〜! ・この日は健康診断だったんですけどバーガーキングのある土地だったのでバーガーキングのことしか考えられなくなり、終了即バーガーキングに行きました バーガーキング最高! 野菜ヘビーに初めてしてみたけど私は味濃いの苦手なのでソースは増量しないでちょうどいいくらいでした。ヘビーって言葉が出てこなくて「野菜マックスにするやつお願いします」って言った それはサブウェイ ・時間があったのでぶらぶらしてたらクソでかいブックオフがあったので行きました。 ・ジュノーンみたいなのがいる!と思って立ち止まって見たらこれがエルガイムなんですね。 メカ見るの好きだけどデザインの特徴とか捉える能力が全くないので、そんな自分でもわかるもんだな〜と思った。 久々に本をめっちゃ買って充実した!!背景の本とか買った。練習するのか?する・・・多分 ・冨樫義博展に行ってきました。めちゃくちゃ混んでた。 入ってすぐのところにキャラの顔がパズルのピースになってば〜って並んでるんだけど、特に新規絵とかじゃないのにそこでみんなが立ち止まってた。人それぞれ色んなキャラに思い入れがあるんだなあと思って印象的だった。私はコエンマ様の顔が大好きなんですけど、コエンマ様の顔がめちゃくちゃ綺麗なコマが使われてて嬉しかった。ここにいる人みんな冨樫作品好きなんだな〜と思って感慨深くなった。 幽遊白書→レベルE→HUNTER×HUNTERでブースが分かれてるんだけど、スタッフのお姉さんがずっと「幽☆遊☆白書のブースは自由に見ていただけます。幽☆遊☆白書のブースを出るとレベルEのブースになります。幽☆遊☆白書には戻れませんのでご注意ください」ってアナウンスしてて面白かった。日常生活で漫画のタイトルをここまで事務的に言われることないから・・・ ボーッと歩いてたら一番最初に自分の目の前に現れたのが戸愚呂弟の「もしかしてまだ自分が死なないとでも思ってるんじゃないかね?」の原画で、そこから一歩も動けなくなりました。 信じられないほど精緻なハッチング、そして何より、ホワイトが全く使われていない… 原画展って「この人でもこんなにホワイト使ってるんだなあ」とか思うのが楽しいものだと思ってたん

FSS読んでる②

イメージ
こんにちは!! FSS2話の感想行くぜ!引っかかる度に1巻読み返したり年表に戻ったりしてたら異様に時間かかってしまいました。長いです(5000字超) 口絵のクローソー美しすぎて口絵だけで何十秒も見ちゃった。青とピンクの組み合わせそもそも好きなんですけど、グレーベースの絵に差し色でピンクが入ってるの綺麗すぎる レースも細かいけど見たことない柄で素敵だ 永野レース ソープ形態の運用がまた見れるの嬉しかった。なんかフォロワーで蔵馬にはそんな興味ないけど南野秀一くんがすごく好きっていう人がいて、論理は分かるけどあんまり想像の付かない感覚だったんですけど、私もアマテラスよりソープのほうが強烈に好きという感覚があります。不思議だなって思うけど、例えばアイドルを好きだとしても好きなのってアイドルをやっている時の姿のみなわけだから、基本的に人を好きになることってそんなもんかもしれない。余談ですけどソープが神でありながら人間の基準で悩んだりしてるのも最初不思議だなと思って蔵馬で言う南野秀一としての人生みたいなもんかって理解をしたんですけどこの理解であってるのかな。昔の漫画を昔の漫画で例える人… 2話まで読んで好きなキャラはソープとラキシスです。普通か!って感じだけど主人公とヒロインだからっていうより元々好きなキャラ造形がたまたまメインキャラにいるっていう感じなのですよね。単純な主人公らしさでいえばコーラスの方が主人公ぽかったな。 ラキシスは特にこの巻で強烈に好きになってしまった・・・その理由はまた後述。 2話で一番ブチ上がったのはエルメラ王妃のクローソーに対してのセリフです 興奮しすぎたので写経しても良いですか? クローソー 聞いてほしいことがあるの 私…本当はね ほっとしているの ウリクルが死んでくれて 私は、あなたたちファティマが憎いわ…… そしてファティマと連れ合う騎士もね (中略) あなたたちファティマは男の理想よ 一番美しい時のまま齢を取らず男につきそいつくすわ…けなげに でも私たち女から見ればあなたたちは妬と羨望の固まり… 私たちが少しずつ齢をとって色あせていくというのにあなたたちは男が初めて出会った時のまま… 初めて愛しあい一番きれいな思い出の中と姿を変えずに…性格も振舞いもそのままに… それは大半の男が最も望む姿ですものね…… あなたたちは愛情がどんなものか知っている